断れない人が覚えたいアサーティブコミュニケーションとは?

・行きたくない誘いや頼まれごとを断れない

・予定を変更してもらいたい旨を言い出せない

・断ったら罪悪感を感じる

・自分に不利益なことでも我慢してしまう

 

「もっと適当に楽観的に生きたい反面、非常識な人間には

なりたくない、、、」

 

「断れない性格、相手のことを考えすぎてしまう性格が

とても生きづらい、、、」

 

こんな悩みを抱えながら生きていませんか?

 

僕も以前は断れない、人の目を気にする、人の評価を気にする。

そんな性格でした。

それがストレスになりすぎて、2回軽うつと診断されました。

 

結論から言うと、

相手の期待に応えなくても、あなたは何も悪いことをしていない

ということです。

 

アドラー心理学では「課題の分離」と言われます。

 

例えばプライベートで飲み会に誘われた場合、

来て欲しいから誘うわけですけど、

「来て欲しい」と期待するのは相手の勝手です。

 

その上で、「行くor行かない」の決定権はこちらにあるのです。

 

断れない性格の友達に、

「じゃあ自分が誘う側の立場だったら、断られたら

相手のこと嫌いになる?」

って聞くと、

「来るか来ないかは相手の自由じゃない?」

と100%返ってきます。

 

そうなんです。

 

そんなことくらいで、嫌われないんです

 

頼みごとをするのも、誘うのも相手の勝手。

それに応えるかどうかは、相手が介入すべき問題じゃないんです。

 

昔、部活の先輩とかだったら、

「来るよな?」

と、妙な圧力がありましたw

 

しかし、みんなもう大人です。

 

きっとあなたは、「断ったら申し訳ない」と思っている

んでしょ?

 

安心してください。

 

あなたが断っても、誘った人はまた別の相手を

探すだけですから。

 

こちらの自由を無視して激怒するお子ちゃまと、

無理して付き合う必要あります?

 

僕は無いと思ってます。

 

断れない人の特徴

・行きたくない誘いや頼まれごとを断れない

・予定を変更してもらいたい旨を言い出せない

・断ったら罪悪感を感じる

・自分に不利益なことでも我慢してしまう

 

上記のような断れない人には、

・断ったら申し訳ない

・嫌われたくない

・相手に良く思われたい

という心理があります。

 

心優しい人たちです。

 

 

僕はこのような失敗から、断れないのも結局自分が嫌われたくなくて、

誰にでも良い顔をしてしまうからだと思いました。

 

ビジネスでも人間関係でも、Win-Winの関係が基本です。

 

言い換えたら、

「私もいい。あなたもいい。」

という状態。

 

どちらにも得がある状態ですね。

 

そこでアサーティブコミュニケーションの出番です。

 

アサーティブコミュニケーションって何?

アサーティブコミュニケーションって言葉だけ聞くと、

意味わからないですよね?

 

言葉自体は、覚える必要はありません。

 

要は、相手も尊重した上で対等に自分の要望や意見を伝える方法論です。

 

例えば仕事終わりに、

「今日、この後どう?(←飲みのしぐさ)」

と誘われたとします。

 

1.「お誘いは嬉しいんですが、今日は私用がありまして、、、」

と断る

2.乗り気じゃないけど、行く

3.「もう誘わないでもらえます?」と攻撃的な態度に出る

 

あなたならどうしますか?

 

さすがに③は選ばないと思いますがw

 

以前の僕なら、悪い印象を持たれたくないので迷わず②を

選んでいたと思います。

 

今の僕なら行きたければ行く、乗り気じゃなければ断ります。

 

仮に乗り気じゃないけど行ってしまった場合は、その場を全力で楽しむ

ようにします。

 

「行く」という選択をしたのは、自分の責任ですからね。

 

そして、なぜ乗り気じゃなかったら断るのかというと、

行きたい人だけで楽しめばいいと思っているからです。

 

乗り気じゃない奴が混じって、空気を悪くするくらいなら、

飲みたい人たちだけでワイワイしてもらった方が、こちらに

気を遣わなくてもいいし、断然楽しいと思うからです。

 

テンションの低い奴が混じってても、せっかく誘ってくれた

人に失礼ですし。

 

だから、①のように断ります。

 

ただ断るだけじゃなく、アサーティブコミュニケーションのコツは、

相手のことも考えている点です。

 

①の場合、「誘ってもらえて嬉しい」ということをしっかりと

伝えた上で、お断りをしています。

 

ただ断るだけだと、自分勝手なやつだと思われるかもしれません。

しかし、「誘ってもらえること自体は嬉しい」としっかりと

相手に伝えることによって、悪い印象は与えません。

 

お互い気持ちのいい時間を過ごすために、断る時も

相手への配慮を忘れないのが、アサーティブコミュニケーション

です。

最後に

正直、アサーティブコミュニケーションとかいう

言葉はどうでもいいので、次のことだけ覚えておくと、

人間関係がかなり楽になります。

 

相手の期待に応えなくても、あなたは何も悪いことをしていない

ということ。

 

エナジーバンパイアと恋愛関係になって精神がボロボロになった話

の記事でもお話していますが、僕は断れないことが原因で

精神的にズタボロになった経験があります。

 

だからこそ、断ることが相手のためになることもあります。

 

相手が期待するのは、相手の勝手。

それに応えるかどうかはあなたの自由。

 

自分が相手に期待するのも、自分の勝手。

相手があなたの提案に乗るのも、断るのも相手の自由です

 

こう考えることで、断った時の罪悪感も無くなりますし、

断られた時の怒りも無くなります。

 

結果、穏やかでお互いを尊重した対等な人間関係が

結べます。