毎日を気楽に楽しく心穏やかに過ごす3つのコツ
e

心穏やかに過ごすためにはどうすればいいですか?僕は友達や周りの些細な一言ですぐ辛くなって考えこんでしまいます。

 

僕自身も、些細なことでイライラしたり傷ついたりして病んでいました。

その結果、些細な一言で一日中気分が優れなかったり、思い出したくもないのにその人のことをずっと頭で考えたりして気楽とは真反対の位置にいました。

 

だから安心してください。

 

事実として、悪意なく人を傷つけてしまう人、余計な一言を言ってしまう人、自分の立場を優位にするために人の足を引っ張ろうとする人は世の中に存在します。

 

きっと友達の場合は、悪意がありません。

 

毎日を気楽に楽しく心穏やかに過ごすには3つのコツがあります

 

1.自分と他人を切り離す

2.もっと自分本位になる

3.自己責任で生きる

 

考え方を今日明日でパチッと切り替えられる人はいないと思うので、多少時間はかかるかもしれませんが、僕はこの3つが腑に落ちた時から人間関係でストレスを受けづらくなりました。

 

3つのコツをお話する前に知っておいた方がいい、人間関係の大前提を知っておいた方が良さそうですね。

 

毎日気楽に過ごすために自分をイジメない

僕たちはついつい、自分を必要以上に責めて自分イジメをしてしまいます。

 

まず、些細な一言を考えこんでしまうというのは、とても繊細で自分の一言一言にもとても気を遣う面があるということだと思います。

 

それはあなたのいい面なので、大切にして下さい

周りの人には考えすぎと思われるかもしれませんが、自分の心にウソをついて変に楽観的になるよりずっといいと思います。

 

完璧な人はいないので、僕も悪意なく人を傷つけている可能性もあります。

よほどサイコパス的な人でない限り、あなたをわざわざ傷つけようとする人はいません。

ただ、相手の精神年齢が低かったり極端にネガティブな人だと、相手の気持ちを落ち込ませたりするようなことを悪意なく日常的に言ってしまうということがあります。

 

人の言葉は、その人の考え方が反映されるので些細な言葉ですぐ辛くなってしまうあなただけが悪いわけじゃありません。

 

だから、自分をあまり責めなくてもいいんです。

 

それを踏まえた上で毎日を気楽に楽しく心穏やかに過ごすには3つのコツを紹介します。

 

1.自分と他人を切り離す

アドラー心理学では課題の分離と言われているヤツです。

 

「それは自分の課題か他人の課題か?」という事です。

 

例えば、落ち込む一言を言ってしまうというのは相手の課題です。

自分の課題はそれをどう受け止めるかということになります。

 

人間関係の大前提として、相手の考え方や言動はコントロールできません。

 

ということは、落ち込むような一言を言ってしまう相手のことに悩んでも仕方がないということになります。

それはもうお分かりですね。

 

あとは自分の課題、どう受け止めるかですね。

 

いつもいつも傷つけるような一言を言ってくる人なら、離れるという選択肢もあります。

しかし、これからも付き合っていきたい友達なら、離れるという選択肢は消えますね。

 

相手に悪意が無いなら、発言の意図を考えることです。

 

例えば自分が何か新しいことを始めようとした時に、

「そんなことやって何か意味あるの?」

「危ないからやめときなよ!」

と言って来る人がいます。

 

悪意が無いとしたらその人の中にあるのは、

・あなたが変わって離れてしまうんじゃないかという恐れ

・あなたに無理して欲しくないという心配

・いいイメージがないという固定観念だけで否定したい

といういろんな意図があるからです。

 

言われた言葉を真正面からモロに受けると大けがすることがあるので、探偵のように「この人はどういう意味で言ってきているんだろう?」と考えてみるとこれまでと違う受け取り方ができると思います。

 

2.もっと自分本位になる

自分本位になるというと

・わがまま

・自己中

・人の気持ちを考えない

など悪いイメージがあるかもしれません。

 

しかし、自分の気持ちを押し殺しがちな人はもっと自分本位に生きてもいいんです。

良心があれば、勝手に人の気持ちを考えてしまうような思考回路が出来上がっているので、その点は心配ありません。

 

友達の些細な言葉で考えこんでしまうなら、「自分がどうしたいのか?」を明確にしてそれに従うことが大事です

 

その上で

・あまり一緒に遊びに行かないようにする

・コチラから誘わないようにする

・この人は口が悪いんだと認識する

・この人の発言に深い意味はないんだと理解する

・発言の真意を直接聞いてみる

・自分が考えてしまうことを伝え、答え合わせをする

相手を変えるのではなく、「自分側をどうするか?」を考えるんです。

 

些細なことを気にしてモヤモヤしてしまうのは、自分の考えがないからとも言えます。

 

3.自己責任で生きる

自分の考えが次のように思い浮かんだとしましょう。

 

・あまり一緒に遊びに行かないようにする

・コチラから誘わないようにする

・この人は口が悪いんだと認識する

・この人の発言に深い意味はないんだと理解する

・発言の真意を直接聞いてみる

・自分が考えてしまうことを伝え、答え合わせをする

 

これらの考えが浮かんだ時に、どれを選んでもいいんです。

結局、考えるべきことは”自分がどうしたいか”だけですから。

 

自分で選びとっているという認識があれば、自分が相手の発言をどのように受け止めるかを決めていけるんです

 

毎日を気楽に楽しく心穏やかに過ごすことは可能

毎日を気楽に楽しく心穏やかに過ごすコツを3つお伝えしてきました。

1.自分と他人を切り離す

2.もっと自分本位になる

3.自己責任で生きる

 

自分の人生は自分しか生きられないんです。

他人に自分の人生をコントロールさせてもいけないし、自分が相手の人生を人生をコントロールすることもできません。

 

自分と他人は別の人格を持った別々の価値観の人間だということを頭に置いて、自分がどうしたいかという目的を持ち、自分で選んでいるという感覚が持てれば、自分の感情も機嫌もコントロールできるようになります

 

毎日気楽に心穏やかに過ごしている人は、自分の気持ちに従って自分で選び取っている人と言えます。だからいつも精神的に自由になれるし、客観的に見たら悩みの無さそうな人に見えるのです。