悩まない方法!僕が悩まない人に変われた3つの思考法
a

悩まない人と悩みが尽きない人の違いってどこですか?

よく悩んでも仕方がないのに悩んでしまいます。

 

僕も20代前半の頃は、今思えば悩んでもどうしようもない事でずっと悩んで、気分が落ち込んだり、イライラしてました。

 

そんな僕が悩まない人に変われた考え方を紹介します。

 

悩みが尽きないと、毎日のように身体が重く、やる気も無くなっていき無気力状態になっていきます。

反対に、悩まなくなると身体が軽く、テキパキと動けるようになります。

 

結論から言えば、「行動を起こす」ことでしか変われません

悩まない方法!僕が悩まない人に変われた3つの思考法

悩まない人と悩みが尽きない人の決定的な違い

「悩まない人」と「悩みが尽きない人」とで決定的に違うのが”現実への向き合い方”です

 

周りの人を観察しても、前の自分と今の自分を比べてもこの差は明らかです

 

具体的には、「過去」「現在」「未来」に目を向けている割合が違うんです。

 

次の数字は、あくまで僕の個人的な感覚値です。

悩まない人の頭の中は、「過去」「現在」「未来」に0:8:2くらいのバランスです。

悩みが尽きない人の頭の中はというと、4:2:4みたいな感じです。

 

決定的に違うのは、現在です。

 

悩みと言うのは、理想と現実のギャップから生まれます。

理想と現実が違えば違うほど、悩みは増えてきます。

 

僕が悩みが尽きなくて悶々としていた頃は、過去の出来事や未来の不確定なことに縛られていました。

 

でも今は違います。

 

「未来に向けて、今何をするか?」

ただこの1点だけしか考えていません。

 

例えば、将来のお金の不安があるとしたら、僕なら次のような行動をとります。

 

☑毎月決まった金額を貯金する

☑生活の質を落とさずに、節約できるポイントを探す

☑貯金だけでは、増えないので投資を学ぶ

☑生活に関係するお金の全体像(税金や保険)をつかむ

 

悩まない人になるには、頭で考えてばかりいないで、”何らかの行動”を起こす必要があります

それ以外の方法では、悩みは尽きないままです

 

その”何らかの行動のきっかけ“になるのが、次の3つの思考法です。

 

悩まない人に変われた3つの思考法

10分悩んでも答えが出ない悩みは手放す

悩みを解決するのは、持っている知識量に比例します

 

10分悩んでも答えが出ないということは、今自分が持っている知識をどれだけつなぎ合わせても、答えは出ないということになります。

 

人間の脳みそは、めちゃくちゃ優れたコンピューターみたいなものなので、答えが出る時は一瞬で出ます

 

「スマホの電源ってどうやって落とすの?」と聞かれたら、

「電源ボタン長押しだよ。」とすぐ答えられると思います。

これは、知識を持っているからです。

 

「なんで勉強しなきゃいけないの?」と子供に聞かれたらどうですか?

あなたが自分自身で、「なぜ勉強する必要があるのか?」を考えたことがなければ、10分考えても、1時間考えても、1日中思いを巡らせても、答えにはたどり着かないと思います。

 

だから、10分考えても答えが出ないような悩みは、今考えたところで解消されません

 

解消されない悩みを心の中に住まわせておくと、心がなんだかスッキリせず、悶々として気分が晴れません。

 

だから、「今考えても仕方ない」と自分自身が納得して、手放すのが最良の方法です。

 

人の頭で考える

自分の頭で考えて、答えが出なくても人の頭で考えれば答えが出ることもあります

 

僕たちは、生まれてから人それぞれ別々の経験をしてきています。

同年代で世界に放浪の旅に出た人もいれば、ひたすら勉強をしてきた人など。

 

それに、先輩・先人・偉人など僕たちよりも経験の多い人はたくさんいます。

年下や後輩だからと言って、経験値が少ないとは限りません。

 

自分の頭で考えても、答えが出ないことは、「本を読む」「人に聞く」「ネットで調べる」のどれかでほとんど解決できます。

 

ポイントは、「素直さ」と「謙虚さ」です

人の意見を聞き入れる素直さ。

人の考えを尊重する謙虚さ。

 

これがなく、自分の考えに固執してしまう頑固な人は、いつまでたても悩みの尽きない人になってしまいます。

 

悩むより行動を起こす

悩みを解決するたった1つの方法は、行動することです

 

自分の頭で考えたことであっても、本やネットで調べたことであっても、行動に移さなければどんないいアイデアもないのと同じです。

 

ちょっとうろ覚えですが、Apple社の故スティーブ・ジョブズがこんなことを言っていました。

どんなに優れた商品も、発表しなければ、それはないのと同じ

 

つまり、こういうことです。

悩みに対して、「ああしたらいいんじゃないか?」「こうしたらいいんじゃないか?」と、どれだけ解決策を頭の中で考えても、行動に移さなければ、それは全て価値の無いものになってしまいます

 

アイデアに価値はありません。

行動にこそ価値があるんです。

 

上手くいくと思ってやった行動の結果、それが上手くいかなかったり、失敗に終わったとしても、めちゃくちゃ価値があります。

 

行動を起こさないと、結果が分かりません。

結果が分かれば、修正・改善できます。

 

でも、最初の行動がなければ、成功も失敗もないんです。

 

間違っていてもいいんです。

行動に移せた人だけが、悩みを無くせるんです

 

これからも、毎日の生活の中で悩みは、どんどん生まれてくるかもしれません。

でも、行動している限り、悩みに精神が押しつぶされることはありません

 

悩んだ時は、ちょっとでも前へ進もう

最後に、僕なりの「悩む」と「考える」の違いをお話しておきます。

 

悩むことはその場に立ちつくすことで、考えることは前に進むことです

 

解決策が2つ提示された時、「どっちを選べばいいんだろう?」とそこに立ち止まっていては、何も解決されません。

 

勇気を出して、どちらかを選んで進んだ人だけが答えに辿り着けます。

 

では、当記事をまとめます。

悩まない方法!僕が悩まない人に変われた3つの思考法

【悩まない人と悩みが尽きない人の決定的な違い】

・過去や未来ばかりを見ていると悩みは尽きない

・未来から見た現在に焦点を当てると、悩まない

 

【悩まない人に変われた3つの思考法】

・10分悩んでも答えが出ない悩みは手放す

・人の頭で考える

・悩むより行動を起こす

 

悩んだり迷ったりした時は、ビビりながらでも動いてみることで、自分の理想に近づけます。

立ち止まっているより、よちよち歩きでも、警戒心たっぷりにソロリソロリとでも、前に進む方がよっぽどマシです。