忘れっぽい人が対策してる3つのこと!人間は忘れる生き物です

☑忘れっぽいドジな性格を直したい

☑最近忘れっぽくて悩んでいる

☑前から忘れっぽいところがある

 

忘れっぽい性格をなんとかしたいという気持ちは、死ぬほど

分かります。

 

でも、安心してください。

僕も昨日の晩御飯は思い出せないですし、朝は「帰りにコレとコレを買って

こよう」と思っていても、仕事が終わったら「あれ?何買うんだったっけ?」

って思うことはしょっちゅうあります。

 

エビングハウスの忘却曲線ってご存じですか?

 

人間は何かを聞いたり読んだりした時、

・20分後には42%忘れる

・1時間後には56%忘れる

・9時間後には64%忘れる

・1日後には67%忘れる

・2日後には72%忘れる

これくらいが普通だそうです。

 

ドイツの心理学者のエビングハウスっていうおじさん(←おじさんかどうかは不明)

が発表したものなんですけど、人間は忘れるように出来ているんです。

 

だから20分経って100%覚えいる方が異常者なんです。

 

だから、忘れっぽい性格を直そうとするより、「忘れないために

どんな対策をするか」を考えることの方が重要です。

 

そこで僕が日常でやっている対策を3つ紹介します。

 

忘れっぽい人の対策①メモを取る

1つ目は、メモを取ることです。

 

これは、人の話を聞くときや何かを学ぶ時にも有効な手段です。

 

手書きでもスマホのメモでも何でもいいです。

 

オススメは手書きです。

 

神メンタル」という本で紹介されていたアメリカのある大学の実験では、

キーボードでタイプした場合よりも、手書きした場合の目標達成率が42%

も向上したらしいです。

 

僕たちがキーボードをタイプする時に使う必要な指の動きは、8種類しかない

と言われています。

それに対し、手書きをする場合は10,000種類ほどあると言われています。

 

これは脳に与える刺激が圧倒的に違うことを表しています。

 

脳が何か所も刺激を受けたことが、目標達成率に大きく影響していたんです。

 

メモすれば、本来なら20分、1時間たった時に半分忘れてしまっている

ことを、後で見返すことが出来ます。

 

ただ、メモしたのを見返さないと完全に無効力ですがw

 

メモを取るっていうのは、デートにも応用できます。

しかも結構な威力を発揮します。

 

例えば、初デートでしゃべった話題や何かの拍子に聞いた誕生日を

メモしておいて、次のデートの時に、

「この前温泉好きって言ってたでしょう?」

と話を振ったり、

「あれ?もうすぐ誕生日じゃない?」

と話を切り出したりしたら喜ばれるし、

仲良くなっていたらサプライズでプレゼント

したりもできます。

 

本人もしゃべった内容を100%覚えているわけじゃないので、

「あれ?誕生日なんて教えたっけ?」

とビックリされます。

 

上司の話をメモを取りながら聞いていると、

真剣さが伝わります。

 

メモって、良いことだらけなんですよ。

 

忘れっぽい人の対策②写真に撮る

2つ目は、写真に撮るという方法です。

 

例えば、買い物リストを作っていたとしましょう。

メモをするところまではやっている。

 

でも、家を出るまで覚えていても、出先で忘れたり、帰ってきてから

「しまった!買い忘れた!」ってことありますよね?

 

それを無くすために、出先でも見れるように写真を撮っておくんです。

 

スマホは常に持っていると思うので、暗記しようと思わなくても写真を

見返せば、一発解決です。

 

ネットサーフィンをしていて、気になる情報があったり、自分に役立つ名言

を見つけた時には、僕はすかさずスクショしてます。

 

やっぱり頭の中だけでは限界があります。

 

だから、写真を撮っておけばいいんです。

 

忘れっぽい人の対策③スマホのスケジュールに入れる

3つ目はスケジュールに入れて、アラーム設定するという方法です。

 

これは、僕が一番使っている方法です。

 

・忘れてはいけない

・忘れないようにしたい

こう思ったことは、すぐにアプリのスケジュールに入れます。

 

 

例えば、「20時になったら友達に電話しよう」と忘れないように、

定期的に思い出していたら、脳みそがそればっかりに支配されてしまいます。

 

そういう場合は、20時に「友達に電話」とスケジュールに入れてアラーム

設定しておけば、時間になれば勝手に知らせてくれます。

 

それなら、「忘れないようにしよう」と思う必要もありません。

 

「忘れちゃいけない」

「覚えておこう」

という意志だけでは、どうにもならないこともあります。

 

だってほとんどの人は、1時間後には50%忘れているのが普通なんですから。

 

それなら、「忘れるもの」という前提で対策するのが、一番良い方法だと

思いませんか?

 

スケジュールに入れてしまうことで、脳に空き容量を作れるんです。

 

忘れっぽい人の対策は記録すること

忘れっぽい人の対策を3つお伝えしてきましたが、共通していることは

記録することです。

 

そして、メモを見返したり、撮った写真を見返したり、スケジュールの

アラームが鳴った時は、すぐやることです。

 

覚えているうちに、すぐやらないとまた忘れてしまうからです

 

対策したことが、全ておじゃんになる瞬間です。

 

「後でやろう」は忘れます。

もう一度、スケジュールし直しましょう。

 

山Pが出ていたプロポーズ大作戦というドラマで、「明日やろうはバカ野郎」

と行ってましたが、まさにその通りです。

 

忘れっぽい人がいるというよりも、人はみんな忘れる生き物です。

 

だから、忘れてしまう前提で対策を打っておくのが、一番賢いやり方

です。