ヘインズビーフィーを168cmの僕がサイズ感と魅力をレビュー

無地の白Tシャツを探していて、ヘインズのビーフィーを検討

しているけど、着丈が長いのでどうかな?

 

そんな疑問に168cm63kg、体脂肪率12%前後の筋肉質

体型の僕が答えます。

 

 

ヘインズのビーフィーTシャツは、オシャレさんやミニマリストに

圧倒的支持を受けています

 

ただ、M・Lという表記だけだと分からない部分ってありますよね?

実際のサイズ感って商品ページのモデルさんが、自分と全然違う体型

だと何の参考にもなりません。

 

モデルさんは細身の体型の型が多いので、

 

・買ってみたら、思っていたよりピタッとしていた

・買ってみたら、やや乳首が透けるorポチッとなる

・買ってみたら、思っているより着丈が長かった

 

なんていうことが、僕も何回かあります。

 

だから、この記事では僕が愛用しているヘインズビーフィーTシャツを

身長168cmの僕がサイズ感と魅力をレビューします

 

ぜひ、参考にしてみて下さい。

 

ヘインズビーフィーTシャツの3つの魅力

 

 

早速ですが、僕が実際来てみて感じたヘインズのビーフィーTシャツの

魅力は大きく分けて3つです。

 

かなり過小評価して3つです。

 

1.肉厚の生地で白T1枚でも全然透けない

2.コットン100%で肌触りが最高

3.Yシルエット+無地でオシャレの下地を作りやすい

 

1.肉厚の生地で白T1枚でも全然透けない

白Tの最大の弱点は、1枚で着ると乳首が透けることです。

 

ピタッとし過ぎると、胸のポッチが分かるのもいただけません。

こちらは気にしなくても、女性とデートする時に透けるorポッチが

分かると、女性は目のやりどころに困りますし、興味のない男性の

乳首など気持ち悪いだけです。

 

 

乳首の位置が分かるor分からないでデートの結果を大きく変わると言っても

過言ではありません。

 

白Tは、一歩間違えると下着感が出てしまいます

 

しかし、ビーフィーは肉厚なので1枚で着ても透けないし、

ポッチも出ません。

だから、セクハラで訴えられる心配もないんです。

 

「夏はTシャツ1枚をサラッと着たい」

「白Tシャツで清潔感をプラスさせたい」

という人にうってつけの1枚なんです。

 

2.コットン100%で肌触りが最高

僕がビーフィーを愛用する理由が、肌触り洗うほど肌に

馴染む心地良さです

 

ほとんどのTシャツは洗えば洗うほど、使えば使うほど首元が

ヨレヨレになり、みっともなく映ります。

 

しかし、ビーフィーTシャツは元々が厚手でしっかりした作りで

始めこゴワっとした感じがありますが、洗濯するほど良い感じに

生地が柔らかくなってきます。

 

革製品のように、使えば使うほど味が出てくる感じが僕が長く愛用したい

と思っているポイントの1つでもあります。

 

コットン100%の天然素材だから味わえる心地良さで

首を通すたびに幸せな気分に包まれるTシャツに出会ったのは

これが初めてです。

 

 

3.Yシルエット+無地でオシャレの下地を作りやすい

人気ファッションバイヤーのMB氏が著書『最速でおしゃれに見せる方法 』で

紹介しているおしゃれに見える服のシルエットは3つです。

 

・Aシルエット

・Iシルエット

・Yシルエット

 

ファッション業界の人なら誰もが知っている常識だそうです。

 

オシャレには服そのものも大事ですが、シルエットを外すと、

いくらいい服を着てもダサく見えてしまいます。

 

僕もMB氏の本を読むまで知らなかったので、簡単に説明すると、

Aシルエット・・・上がジャストサイズ、下がゆったり

Iシルエット・・・上下ともにジャストサイズ

Yシルエット・・・上がゆったり、下がジャストサイズ

このようになります。

 

ビーフィーTシャツを持っていると、3つの中のYシルエットが

作りやすくなります

 

シルエットはサイズ感だけの話ですが、柄物は子供っぽく見られたり、

上手くバランスをとらないと、ダサくなりがちです。

 

その点無地Tは、シンプルで大人のおしゃれなファッションづくりには

欠かせない存在です。

 

僕は、白のビーフィーTシャツにユニクロの黒のスキニージーンズ

ベースにしています。

 

ベースを作っておくことのメリットは、

・服を買う時に、「どの服に合わせようかな?」と考える必要がない

・買った後に、「合わせる服がない」が無くなる

の2つです。

 

ビーフィーTシャツを持っていると、安く効率的におしゃれを

作りやすくなります。

 

ヘインズビーフィーを168cmの筋肉質体型が着ると…

ということで、実際来てみた時のサイズ感です。

 

ちなみに僕のスペックをもう一度、、、

・身長168cm

・体重63kg

・体脂肪12%前後

 

腰回りの着丈(前後)と、袖の長さのイメージはこんな感じです。

 

冬場に撮影したため、ヒートテックを着ています、、、汗

 

僕はMを着ていますが、それでもサイズ感はややゆったりです。

ピッタリサイズで着たいなら、168cmならMサイズがオススメです。

 

アメリカのブランドらしく、ビーフィーらしさが一番活きるのは

ゆったり大きめのシルエットかもしれません。

 

僕はあまりダボッとさせたくないので、Mサイズでちょうどいいです。

 

おしゃれに見える服の3つのシルエットに照らし合わせると、

168cmのがっちり体型でMサイズならIシルエットに近くなりますし、

LサイズならYシルエットになります。

 

どちらにしても、無地シンプルでおしゃれを作るなら、ビーフィー無しでは

語れないんじゃないでしょうか。

 

ヘインズビーフィーはTシャツの決定版

僕がビーフィーTシャツを愛してやまない理由は、

値段・デザイン・汎用性ともに優れているからです。

 

しかも、着る⇒洗う⇒着ると繰り返すたびに身体に馴染み

味が出てくるので、自分が育てているような感覚があり、

愛着もわいてきます。

 

 

☑ヘビロテで着たくなる

☑無地でコーディネートを邪魔しない

☑清潔感を演出できる

☑肉厚でヘタらないので長持ち

☑1枚1,500円でコスパ◎

 

ビーフィーの良いところを簡単に上げましたが、これだけでも

オシャレやモテ、シンプルファッションを目指すなら『1枚は

持っておきたいTシャツ』の決定版と言えます。

 

定番で王道でありながら、多くのミニマリストにも愛される

究極の1枚です。

 

ヘインズビーフィーは、オシャレ男子なら1枚は持っておきたい

オシャレを目指すなら、最速でおしゃれに見せる方法も必読ですが、

ヘインズのビーフィーはド定番として、絶対に持っておきたいTシャツです。

 

最後にこれまでの話をまとめます。

 

 

【ヘインズのビーフィーTシャツの魅力】

 

☑肉厚の生地で白T1枚でも全然透けない

☑コットン100%で肌触りが最高

☑Yシルエット+無地でオシャレの下地を作りやすい

☑ヘビロテで着たくなる

☑無地でコーディネートを邪魔しない

☑清潔感を演出できる

☑肉厚でヘタらないので長持ち

☑1枚1,500円でコスパ◎

 

【おしゃれに見える服の3つのシルエット】

Aシルエット・・・上がジャストサイズ、下がゆったり

Iシルエット・・・上下ともにジャストサイズ

Yシルエット・・・上がゆったり、下がジャストサイズ

 

Mサイズ⇒Iシルエット

Lサイズ⇒Yシルエット

が作れます。

黒スキニー+ビーフィー(白)でおしゃれのベースが作れます。

 

ベースを作ってしまえば、黒の革靴orスリッポン、黒のテーラードジャケット

などを合わせれば、低予算でもオシャレに見せることが可能になります。