一人暮らしでも朝寝坊しない方法!朝が苦手で毎日つらい人必見!

仕事を始めて一人暮らしをし出してから、朝が起きられない。

元々朝が苦手で毎朝つらい…。

朝寝坊しない、とっておきの寝坊防止法が知りたい。

 

そんなあなたへ。

 

とっておきのやつ教えましょう。

 

 

僕は学生時代から朝が苦手でしたが、実家にいる時は親に起こされるため、

なんとか起きれていました。

 

でも、就職して一人暮らしを始めてから、スマホの目覚ましのアラームを

最大音量で、しかもスヌーズにした上で、15分ごとになるように設定

していました。

 

それでも、眠りが深いのか音に鈍感なのか分かりませんが、

朝5時に目覚ましをセットしていても、鳴った記憶すらない….。

 

「二度寝なら気をつけようがあるけど、これってどうすれば…」

という絶望的状況。

 

学生時代なら笑って済ませられるかもしれませんが、社会人で何度も

遅刻するのは、ダメ人間の烙印を押されかねません。

 

僕の朝の弱さは、

・数か月に1回寝坊してしまうとか、

・1年半の間に4回とか、

そんなレベルじゃなく、会社に3日連続遅刻してしまうことも。

 

 

それまでは「気いつけや~w」みたいに優しかった上司も、

マジな顔で「そんなことしてると、クビになるぞ」と厳しい

表情で叱られました。

 

毎回反省はするんですが…。

「起きる8時間前に寝ればいい」と思って9時に布団に入るんですけど、

寝坊が怖くて寝よう寝ようと思えば思うほど、それがプレッシャーに

なってしまっって寝られなかったり。

 

そんなことを考えていて、寝られないと睡眠時間が7時間6時間と

減っていきます。

 

寝るべきなんだろうけど、”寝たら起きれない”と思うほど、いろいろ考えて

眠れない悪循環。

 

それまで1回も数えたことのない羊を数えてみたりも…。

 

まあ、案の定寝坊しますわね…。

 

こんな負のループにハマっていました。

 

一人暮らしでも寝坊しない方法を検索して見た結果

あまりにも起きれないんで、ネットで調べて、ありとあらゆる

防止策を打ちましたよ。

僕だってね、やるときゃやるんですよ。

 

下記がネットで調べたもののと、僕が試した結果と感想です。

・スマホを離れたところに置く

⇒まず音に気づかない…

 

・1.5時間の倍数の睡眠をとる

⇒え~っと…そんな都合よく寝れませんでした

 

・日中に日光を浴びる

⇒外仕事のため、夏は日焼けして真っ黒になるくらい浴びてます

 

・寝る前のスマホ、パソコンの利用を控える

⇒30分くらい本を読んでから寝てましたが…起きれません

 

・アルコールは控える

⇒元々飲みません

 

・寝具に気を遣う

⇒フランスベッドのマットレス使ってますが…

 

・土日も同じ時間に起きる

⇒土日との差を1時間以内にした方がいいのは分かりますが、

 さすがに6時起きは…

⇒土日くらいは目覚ましを鳴らさず起きてもいいですか?

 

・テレビをオンタイマーに設定する

⇒テレビは捨てました

 

・カーテンを開けて寝る

⇒冬の日の出時間知ってますか?

 

・モーニングコールを頼む

⇒アラーム音に気づかないって言ってるじゃないですか!

 

・エアコンのタイマーを設定しておく

⇒布団から出たくない気持ちは軽減されるけど、起きたら7時って

 こともありましたよ

 

・カフェインを取ってから寝る

⇒毎日夜までコーヒー飲んでますよ

いろいろ試しましたが、全然治らないんですよ。

 

ついにやりました!!

いろいろな防止策を試してもダメだった僕もついに見つけました。

 

inti4(光目覚まし)の存在を知ったんです。

 

音がダメなら、光を試す。

 

ちょっと値が張るんで何日間か悩みましたが、寝坊が治らない

と死活問題だったんで、頑張りましたよ。

 

クビになって転職したとして、8時出勤になっても、9時出勤になっても

遅刻の不安はついて回ります。

 

寝坊そのものを根本的に改善しないと、これからやっていけない

と思ったんです。

 

僕はinti4を起きた時にしっかり光を感じるように、ベッドのヘッドボード

(物置きみたいなとこ)に置いてからは、ウソみたいに起きれるようになりました。

 

ほんとウソみたいですけど。

 

起きられるようになったというよりは、光が強力すぎて起きてしまう

という表現の方が正しいかもしれません。

 

僕の場合、夏は日の出と共に起きるのでなんとかいけるんですけど、

冬は日の出前なんで、朝5時なんて真っ暗なんですよね。

 

そんな状況の僕にとって、光目覚ましのinti4はまさに救世主でしたね。

⇒ 楽天1位の最強の光目覚まし時計とは

 

inti4の特徴と音より光で起きた方がいい理由

inti4の最大の特徴は、朝日と同等の20,000ルクスという

強烈な光です。

 

目覚めを促すために必要な光は、一般的に2,500ルクスと

言われているので、inti4は10倍近い明るさです。

 

コンビニの照明でも1,500ルクスと言われています。

夜中入ると、目を細めてしまいそうなあの明るさでも

目覚めは促されないんです。

 

ということは、僕が冬の朝5時に起きれないのは当然と

言えるのではないでしょうか(←正当化)。

 

朝、強い光を浴びることで得られるメリットは、

・健康的に過ごせる

・記憶力と集中力が高まる

・前向き・プラス思考になれる

の3つですが、その中でも僕が注目しているのは

「前向き・プラス思考になれる」ことです。

 

うつ傾向が強い時にも、朝日や日光を浴びることを勧められます。

 

人間の体内時計は24時間じゃないのはご存じだと思います。

 

それを朝日を浴びることでリセットし、15~16時間たって夜になったら

眠たくなる仕組みになっています。

 

つまり、朝強い光を浴びていないと体内時計がリセットされずに、ズレてくる

ということです。

 

特に冬場は日の出が遅いので、音で起きられる人も、アラームで無理やり

身体を起こしても、光を浴びないので日中や夕方に眠かったりするのは、

疲れもありますが、体内時計がリセットされてない証拠だと言えるんじゃ

ないでしょうか。

 

朝、光を浴びることで幸せホルモンがドバドバ出されて、心の健康にも

一役買ってくれるんです。

 

光目覚ましを使った感想

もう完全にイメージの話ですが、音の目覚ましが身体をゆすって、耳元で

大声で無理やり起こされるとしたら、光目覚ましは耳元で優しくささやくように

「起きて♡」と言われているような優しさがあります。

 

光で起きるようになってから感じることがあります。

 

目覚まし=音で起きると思っていた時は何とも思わなかったんですが、

音で起こされるのは、僕にとってはジャイアンのリサイタルを毎朝

聞かされているくらい不快なものだと感じるようになりました。

 

光目覚ましが快適で優しすぎるんです。

そっと包み込んでくれるような感じです。

 

快適すぎて頭バグってきますね。

 

っていうほど気に入ってます。

 

もう遅刻したくないなら

社会人になって何回も寝坊してると自己嫌悪になりますし、

寝坊しても会社に遅刻するのは信用も失います。

 

信用は積み上げるのに時間がかかるのに、失うのは一瞬ですからね(←経験談)。

 

僕のとっておきの寝坊防止法は、inti4です。

 

仮に眠っても眠っても日中眠たい時は、精神的な疲れかもしれません。

身体の疲れは眠れば取れますが、精神的な疲れはとりきれません。

 

精神的な疲れは脳の疲れです。

寝ている間に脳の整理が仕切れなかったり、マイナス思考が強くてストレス

が多い人は、寝ても寝ても眠たいんです。

 

そんな時は、メンタル面からもアプローチしてみましょう。