読書習慣がなかった僕が読書を習慣にできた理由とメリットを公開
d

読書習慣が続きません。どうすれば毎日継続することができますか?

☑読書の習慣をつけたい

☑読書をする習慣をつけたいが、何から読めばいいのかわからない

 

こんな悩みを持つ方へ。

 

僕自身は20歳まで全く読書の習慣がありませんでした。

読んだことがあるのは、漫画くらいでした。

 

スラムダンク、名探偵コナン、メジャーは好きでしたね。

でも、活字の本となるとサッパリ。

秒で出るほど苦手でした。

 

僕は読書を習慣にしようとして、読書を始めたわけではありません。

しかし、”あるきっかけ”で読書が習慣になり、それ以来15年間1日も欠かさず読書を続けています

読書習慣がなかった僕が読書を習慣にできた理由とメリットを公開

読書が習慣になったきっかけ

僕が読書を習慣にできた理由は、読書が苦手だったからです

 

社会人1年目の時、夜12時を過ぎても寝付けない日が続きました。

でも、朝は7時までには起きないと会社に間に合いません。

それでもなんとか、寝不足気味で仕事に行っていました。

 

何度か遅刻しそうになって、「ヤバいな」と思っていました。

 

そこで思いついたのが、読書です。

読書に苦手意識がありすぎて、3ページほど読むと眠気が来ていました。

 

寝る前に、本を読むことで5分ほどで、眠りを誘うのが始まりでした

 

それからしばらくは、寝る前に本を読んでいました。

 

ちょうど「今のままでいいのかな~」「人生ってこんなもんなのかな?」と悩んでいた時期だったので、自己啓発系の本を読んでいました。

 

それがいつの間にか心理学・脳科学・ビジネス書・金融にも興味を持ちだし、自分に関係ありそうなら読むというスタイルが定着しました。

 

今では、朝・夜ご飯前・仕事の休憩中・寝る前などの空き時間に本を読んでいるほどの、本好きになりました。

 

「もっと読書時間を増やしたい」

「もっと速く効率的に読みたい」

そんな思いも持つようになりました。

 

20歳で読書を始めた頃には、考えられないような気持ちの変化です。

 

読書を習慣にする3つのコツ

上記の経験を通して、読書を習慣化するコツを3つお伝えします

 

小さく始める

読書に限らず、ブログでも筋トレでも小さく始めることが大事です。

 

「スモールステップ」と言いますが、いきなり大きな目標を立ててしまうと、せっかく始めてもすぐに挫折してしまう可能性が高くなります。

 

☑1日1時間読もう

☑2日で1冊読もう

 

これまで、読書を習慣にしていない人にとっては、ツラすぎる状況に自らを置いてしまうことになります。

 

そうではなく、小さな小さな1歩から始めましょう。

「こんなこと誰でもできるんじゃない?」

と思えるほど、小さなことでいいんです(笑)

 

☑寝る前に5分読書をする

☑1ページだけ読んでみる

☑読む気になれないけど、イスに座り本を開くだけ

 

このくらいのことから始めてみて下さい。

 

僕は、苦手だった読書を寝る前の5分から始めて、その面白さに気づき、いつの間にか習慣になりました。

いきなり誰かに自慢できるような大きなことをしようとせず、自分の中だけでひっそりと、小さなことから始めるのが1個目のコツです

 

読みやすい本から読む

読書を習慣化するコツの2つめは、読みやすい本から読むことです。

 

読みやすい本は、人によって違います。

僕の場合は自己啓発でした。

 

選ぶ本は次の3つがいいでしょう。

 

☑興味のある分野から読む

☑ページ数の少ない本

☑文字の少ない本

 

最近の本は、文字も大きく1ページあたりの字数も少ない本が多く出版されています。

自分が興味を持てる分野から始めるのがコツです。

 

自分にとって簡単なレベルから始めることで、”読書慣れ”してきて、だんだん「文字数の多い本」や「いつも読まない分野」も読めるようになってきます。

 

いきなりではなく、徐々に幅を広げていけばいいんじゃないでしょうか。

 

知識や知恵が増えて、読書の楽しさに気づけたら、勝手に「もっと知りたい」という欲求が出てくると思います。

 

時間を決める

読書を習慣化する3つ目のコツは、「時間を決める」ことです

 

自分で「今日は10分」と決めたなら、10分で終わっていいんです。

 

そうすると、「もう少し読みたいな」と思います。

それが明日の読書に繋がります。

 

ここでも小さく区切ることが大切です。

いきなり1日1時間という大きな目標はいりません。

 

今日5分読んで物足りなかったら、明日は10分。

10分でも物足りなかったら、次の日は20分。

 

スマホのタイマーやアラームをセットして、「ちょっと物足りないかな」と思えるところでやめるくらいで丁度いいんです

 

僕自身は、始めから時間を決めていたわけではありませんが、寝る前の5分が、15分、30分、1時間とのびていきました。

 

読書習慣ができると、成長と自信にも繋がる

読書習慣ができると、目に見えないので始めは気づきにくいですが、見えないところで毎日少しずつ知識が増えてきます。

 

毎日読書をすると、少しずつ賢くなっていきます。

たまに、「頭の回転速いよね。」と言ってもらえることも出てきます。

 

いろいろな知識がつながることで、自分の頭で考えることが出来るので、思考力・判断力・決断力が向上します

 

とはいえ、焦らずゆっくり自分のペースで進めてみて下さい。

 

最後に当記事をまとめます。

読書を習慣化する3つのコツとメリット

【読書を習慣化する3つのコツ】

・小さく始める

・読みやすい本から読む

・時間を決める

 

【読書をするメリット】

・思考力・判断力・決断力が手に入る

・たまに、「頭の回転速いね」「頭いいね」「賢いね」「物知りだね」と言ってもらえる

・知識が増える

では、よき読書ライフを!