読書の時間を取れないのに、気になる本がありすぎる時の3つの解決法

☑本を自由に読める時間が限られているのに、あれもこれもと気になって本を買ってしまう

☑身につけたい事ばかりで、優先順位をつけがたい

☑読み終わらない本がたくさんある

 

読書をしていると、このような悩みにぶち当たることがあります。

 

そこで仕事、子育て、ブログ運営をしながら、年間100冊以上の本を読む僕が、解決法をお伝えします

 

残業が多くて、自分の時間がなかなか取れない。

やりたいことが多いけど、睡眠時間は削りたくない。

 

あなたがこのような状況なら、参考になると思います。

 

僕は朝7時には家を出て、仕事が終わり家に帰ったら、ご飯を食べ、食器洗いをしてからブログを書いたりしています。

その間に、子供(小学校低学年)が喋りかけてくることが多々あるので、思ったように作業が進まなかったり、集中できなかったりすることもあります。

 

家に帰ってからの時間は、ブログを書く時間にあてたいという思いと同時に、毎日少しずつでも知識を身につけて成長したいと思っているので、読書も欠かせません。

 

僕にとっての読書は、リフレッシュタイムでもあるので。

僕のAmazonの欲しいものリストには、まだ未購入の読みたい本がいっぱい保存されています。

Kindleのライブラリには、読みかけの本もあります。

 

ここからは、僕が実践している『気になる本がありすぎる時の解決法』を3つ紹介します

 

関連記事:読書スピードを50倍にする非常識な読書法!1ヶ月2冊→100冊に!

 

読書の時間を取れないのに、気になる本がありすぎる時の3つの解決法

読書をする時間を決めておく

毎日読書の時間を確保するために、僕は22時~22時半を「読書の時間」と決めています。

 

ブログを書いている途中だろうが、おかまいなしに切り上げて、本を読みます。

 

前は朝いつもより30分早起きして、読書していました。

朝は頭がスッキリしていますし、出勤前に時間をとって読書することで、優雅な気持ちにもなれました。

しかし、1つだけ欠点があって、僕が朝が苦手なので、寝坊してしまうと、読書時間がなくなってしまいます。

 

自業自得なんですが(笑)

今は、夜寝る前に読書の時間を設定しています。

 

睡眠は、脳みそにある情報を整理する作業でもあるので、寝る前に読むと記憶に残りやすいらしいです。

 

「読みたいのに読めない」と言う日々が続くと、小さなストレスが積み重なっていきます。

15分でも、「この時間は読書する時間」と自分で設定してそれを必ず守るようにしてみて下さい。

 

時間が短いと、なかなか読み進められないかもしれませんが、間違いなくこれまでより充実感はアップします。

 

読み終わることにこだわらない

「本は、読み終わらないといけない」というなんだかわからないルールに振り回されていませんか?

 

本は同時に10冊読め』の著者、成毛眞さんは並列読書をすすめています。

トイレや車の中などにいつも本を置いていて、すき間時間で読んでいるのだそうです。

 

読んでいる5冊が、どれも中途半端にしか読み進めていないと、なんだか悪いことをしている気になりますか?

 

よく考えてみて下さい。

 

学校の授業だって、1年かけて教科書を読み進めています。

 

だから読みたい本がいっぱいあるなら、あまり気にせずその日に気になるページを読めばいいんじゃないですかね

 

僕も、実用書やビジネス書などは、”自分に必要なところ”や”気になるところ”だけ、つまみ食いしている感じです。

飛ばし読みみたいな感じですね。

 

メンタリストのDaigoさんも以前、「ごきげんよう」という番組に出た時、こんなことをおっしゃっていました。

 

1冊の本に含まれる、「自分にとって必要な情報」は全体の5%くらい

1冊を最初から最後まで読まないと、せっかく買ったのにもったいない気もします。

しかし、必要な知識を得られたなら、その本の役目は十分に果たしてくれているんだと思います。

 

読み終わることにこだわり過ぎると、読書が楽しいものでは無くなってしまいます

 

1ヶ月の本の予算を決める

僕はkindle unlimitedで本を読んでいます。

 

以前は紙の本ばかりでしたが、Kindle unlimitedを使い出してから、こっちの方が断然いいということに気づきました。

 

月額980円で120万冊が読み放題なので、節約にもなります

それに、保存しておける上限が10冊なので、新しく読みたい本が出てきても、入れ替えないとダウンロードできません。

 

だから、買ったけど読まずに置いてある本が多い人にもおすすめのサービスです。

 

Kindle Unlimitedでまずは探してみて、読み放題に無ければ買っています。

 

読書は趣味であると同時に自己投資にもなりますが、読んでいない本があまりにも多いと考えものです。

自己投資という名目の散財です。

 

そこで、予算を決めることにしました。

僕の場合は、収入の5%に設定しました。

 

読みたい本が出てきても、まだ読んでいない本がたくさんある時は、「この本は何のために買うのか?」と、自分に問いかけるようにしています。

 

kindle unlimitedのように保存できる上限が決まっていたり、使えるお金の上限が決まっていると、人は考えるようになります。

 

それが狙いです。

 

時間は限られているので、あれもこれも読めません。

 

実用書やノウハウ系の本は、読んで知識を入れ、実践してこそ自分の身になります

頭で理解していても、それを生活に落とし込めてないのであれば、知らないのと同じです。

 

あれもこれもと気になって本を買ってしまう場合は、予算を決めてしまう方がいいかもしれません。

 

まとめ

気になる本がありすぎる時の解決法』を3つご紹介しました。

 

この記事を参考に、今読まずに積んである本が少しでも消化できればと思います。

 

では、この記事のまとめです。

読書の時間を取れないのに、気になる本がありすぎる時の3つの解決法

・読書の時間を決めておく

→その時間は、読書以外やらない

 

・読み終わることにこだわらない

→飽きたり、難しすぎるなと感じたら、迷わず次へ。同時並行読みでいい

 

・1ヶ月の本の予算を決める

kindle unlimited(月額980円)を利用してみる

1ヶ月2冊以上本を読むなら、お得です

→「収入の〇%まで」、「〇円まで」と決める

その範囲内で厳選して選ぶようになります

では、よき読書ライフを!