節約はどこからやればいい?【効果絶大】頑張らず報われる節約とは?

節約してお金を貯めたいけど、全然貯まらない…。

どんなところから節約したらいいんだろう?

 

こんな悩みを持つあなたへ。

 

今から僕が特に頑張らずに実践して、毎月6万円の節約に成功した

節約法をご紹介します。

実際あなたが節約できる金額は、僕と全く同じ状況ってことは無いと

思うので、上下するでしょうが参考にはなると思います。

 

結論から言うと、家賃・通信費・保険料など毎月決まってかかる

大きな金額の固定費から見直すのが、報われる節約法です。

 

逆に頑張っても報われない節約法とは、

・牛乳を低脂肪にする

・食パンを一番安い69円のものにする

週十円~数百円単位でチマチマやる節約です。

 

 

毎日頑張ってる感はあるんですが、効果が大きいのは

大きい金額のモノをドーンと減らすことの方です。

 

この記事を読むことで、最低5,000~60,000円の

節約効果が見込めます。

 

節約は鼻息荒く頑張ると疲れてしまいます。

 

それもいいんです、仕組みを整えることで

毎月の支出を抑える方が効果が大きいです。

 

食費は毎月変動するでしょうが、固定費は一度見直せば年間で大きく

削減できます

 

節約はどこからがオススメか?削減したい固定費を優先順に紹介

固定費を削減するのが、効果の高い節約法ということは分かった。

 

では、どこから手をつければいいかということをお話します。

1.家賃

2.保険料

3.サブスク

4.スマホ代

5.毎朝の通勤時のコーヒー代

6.食事代

7.電気代

8.本代

 

節約効果が高い、かつ優先順位の高い順に並べたので、

上から順に解説します。

 

1.家賃50,000→35,000【15,000円節約】

金額が大きいので最優先事項なんですが、明日すぐに

引っ越せるわけではないですよね。

 

僕は1人暮らしをしている時に、2DKで家賃45,000、

駐車場5,000円の場所に住んでいたことがあります。

 

その前は1Kだったんで、完全に広い家への憧れと見栄でしたね。

 

借金生活やモノを減らそうと思ったタイミングで、

・支出を減らしたい

・1人暮らしは1Rで充分

こう思えたタイミングだったので、家賃28,000円、

駐車場7,000円のアパートに引っ越しました。

 

ウソ偽りなくお伝えすると、2DKのアパートがオーナーさんの都合で

取り壊しになるというオーナーさん都合だったので、引越し代は全て

オーナーさんに出して頂けたのでラッキーでした。

 

そうでなくても、引越ししていたと思います。

 

仮に引っ越すとしたら、アパートの初期費用は、

家賃の6か月分が相場なので、

35,000円×6=210,000円

かかります。

プラス引っ越し代。

単身だと35,000円くらいでしょう。

 

全部で245,000円かかりますね。

 

1ヶ月15,000円の差額が出るので、

245,000÷15,000=16.3

です。

 

つまり17か月目からプラスに転じる計算になります。

始めは損することになりますが、2年3年と住めば住む

ほど節約効果を発揮します。

 

実感としては、毎月給料をもらってから家賃を引かれた後の

通帳の金額が、万単位で変わってくると、気分が全然違ってきます。

 

ほとんどの口座引き落としの支払いは、給与口座に集約している

と思います。

給料日から1週間後に、お金を引き出した時にガクッとしたことは

ありませんか?

 

アパートを借りる際、プロパンガスか都市ガスかも大きな分かれ目です。

同じように使っても、プロパンは都市ガスの2倍ガス代がかかります。

 

僕が2DKに住んでた時は、そんなことも知らずプロパンガスの物件

だったんで、都市ガスの1Rに引っ越したことで、15,000円以上

節約出来ました。

 

お得に引っ越しするなら

・買取商品がある場合、引越し代から引いてくれるトレファク引越がお得

・東海地方の単身引越しor「出来るだけ安く引っ越したい」なら『引越し一括見積もりのおすすめ!電話なしで見積もり金額だけ知る方法』もご一読下さい。

 

2.保険を解約13,000→0円【13,000円節約】

一人暮らしの会社員なら、民間の医療保険は不要です。

日本は公的保険の恵まれた国なので、毎月給料から天引きされている

社会保険で充分です。

保険会社の積立年金も長期の積立にしては利率が悪いですし、

引き出せないという点でもマイナスです。

 

余剰金で寝かせて増やすのが目的なら、インデックス投資の方に

お金を回す方が賢いです。

 

僕も「社会人になったから…」という安易な考えで勧められるままに

入った保険は全部解約しました。

 

年金積立に関しても、返戻率が100%を超える初期の段階で解約

しましたが、毎月手元にお金が残る方が心の余裕が出るんです。

 

借金生活をしていた経験もあるので、お金の無さがどれほど精神的に

悪い影響を与えるかも知っています。

 

3.使ってないサブスクを解約9,000円→0円【9,000円節約】

☑以前興味本位で始めてもう使っていない語学学習代

☑はじめだけ通って幽霊会員になっているジムの会費

大手音楽配信サイトや動画配信サービスなど、ほとんど使ってない

のに解約の手続きが面倒で、ダラダラとお金だけ垂れ流している

月額定額制のサービスはありませんか?

 

僕の場合は、マッチングアプリでした。

いい思いもさせてもらいましたが、MAXで3つのマッチングアプリ

(ペアーズ・Omiai・タップル)に登録していた時期があります。

「3つって、どんだけ女好きなんだよ!」って思われるかもしれません。

 

1つ3000円ほどなので、月額9,000円。

 

ほとんどのサービスは自動更新になっているので、解約しない限り

毎月料金が発生して損してしまいます。

 

4.スマホ代8,000→3000円以下【5000円節約】

スマホ代も、いち早く取り組んだ方がいいですね。

 

確かに3大キャリアの方が本体が壊れた時の安心感もあるでしょうし、

通信速度が速いと言われています。

 

しかし通信速度が若干劣ったとしてもWebサイトが見られて、

動画も見られれば他に何か困りますか?

 

僕は未使用のスマホ本体をヤフオクで仕入れて、LINEモバイル

音声通話SIMの3GBをぶっさして使っています。

月額500円のオプションで端末保障もつけられますし、3大キャリア

と遜色ないレベルです。

 

僕は、仮に多少劣ったとしても、同じようなサービスを3倍近い値段を

払って使い続ける理由は無いと思っています。

 

僕は2年以上格安SIMを使っていますが

・LINEで連絡を取り合う

・ネットで検索する

・YouTube動画を見る

など、日常で使っていて困ったことはありません。

 

5.毎朝マイボトルを持参する【3000円節約】

150mlのコーヒーを通勤時間に毎朝1本買うとすると、1ヶ月22日

会社で働くとすれば、3,300円かかる計算になります。

 

これをマイボトル&インスタントコーヒーに変えるだけです。

 

初期費用としてマイボトル代がかかります。

コーヒー代は間違いなく削減できますが、毎朝お湯を沸かすという

手間は増えます。

その辺をあなたがどう思うかですが…。

 

引越し同様、初期費用でマイナスになりますが、数か月たてばペイできて、

その後プラスに転じます。

 

 

僕は600mlのやつを使っていますが、500mlもあります。

ワンタッチで空くので、片手で飲めてしかも240gと、手に持っても

カバンに入れても気にならない重さです。

保冷・保温はバッチリでシンプルなデザイン。

かなり気に入ってます。

 

 

インスタントコーヒーは、スッキリした後味でクセのない

ゴールドブレンドがおすすめです。

仕事帰りにスーパーでも薬局でも簡単に手に入る点もいいですね。

6.食事回数を3→2or1に減らす【15,000~30,000円節約】

金額は大きいですが、優先順位が下なのは理由があります。

 

僕は10年以上1日1食(休日は2食の時もあり)ですが、

世の中では1日3食が常識とされているからです。

 

だから、急には受け入れがたいかなと思いますし、長年の習慣を

急に変えることは必要に迫られない限り、なかなか難しかったり

します。

 

しかし最近ではプチ断食・ファスティングが健康に良いと言われたり、

ダイエット効果が報告されていたりしています。

ジャパネットの高田明氏は、夜は主食抜きの1日1食半みたいですね。

 

もしかしたらあなたは、朝はコーヒーだけで1日2食かも

しれません。

 

・朝食べないと、仕事がはかどらない

・さすがに昼抜きは、夕方お腹が減って仕事どころじゃない

など、いろいろな思いがあると思うので、あなたにすぐにでも

オススメしたいところですが、興味があれば試験的に試してみて下さい。

 

今回は健康面の話は抜きで、節約の観点からだけお話します。

食事1回500円で計算すると、今まで1日3食を1食にすると、

 

1,000円/日×30日=30,000円

 

最大30,000円の節約効果があります。

 

とはいえ、衣食住と言われるように、最低限の食事は生きていく

ためには必要です。

それに食欲は人間の3大欲求の1つです。

 

1食を勧めておきながら、こんなことを言うのも変ですが、

節約目的の無理な食事制限はオススメしません。

 

7-1.電気のアンペアを下げる【約300円節約】

通常、賃貸アパートのアンペア数は30Aに設定されています。

 

僕の実体験では一人暮らしなら20Aで充分です。

 

20Aにすることで、基本料金が下がります。

それが一般的に300円くらいです。

 

注意点は、今まで通りに家電を使ったら、ブレーカーが落ちることが

ある点です。

 

風呂上りにドライヤーで髪を乾かしながら、夜ご飯を温めるために

電子レンジを使うとブレーカーが落ちて真っ暗になることがありました。

 

その辺は生活しながら、これとこれを同時に使うとブレーカーが落ちるんだな

と分かってくると思います。

 

だから部屋のブレーカーの位置は、把握しておいた方がいいですよ。

 

アンペア数を変えるには、契約している電力会社に電話で問い合わせるのが

一番正確で早いです。

確か、立会無しでよかったと記憶しています。

 

7-2.暖房便座のコンセントを抜く【300円節約】

「使わない部屋の電気を消しましょう」

「使っていない時、水道を出しっぱなしにしない」

このようなことと一緒で、アパートに元々ついていて当たり前のように

コンセントが刺さって稼働していたとしても、使っていないならコンセント

を抜いておきましょう。

 

節約効果としては300円程度と低めですが、考え方はサブスクと一緒です。

僕は退去するまでずっと、コンセントを抜きっぱなしでしたが、寒い冬の時期

だけ使うのもいいと思います。

 

8.本は図書館で借りるor紙からkindleUnlimitedへ【月1冊本を買うなら節約効果あり】

個人的な趣味の領域なので、優先順位は低くしました。

 

しかし、今本をブックオフやAmazonの中古本だけ買っているなら、

図書館で借りたり、kindle unlimitedを利用すれば楽しみを削らず

節約できます。

 

kindleUnlimitedは、月額980円でビジネス書、雑誌、漫画など

200万冊以上が読み放題です。

 

本を7冊以上読む社会人はたった4%と言われていて、本を7冊以上

読めば4%のレアキャラの仲間入りできると思えば、めっちゃいい趣味

だと思います。

 

読書は知識が増えることで物事の判断がしやすくなったり、知見が広がり、

世代や性別を超えてストレスなく話ができたり、何よりも固定観念・

思い込み・偏見がないフラットな視点が持てるようになる。

 

月額980円で200万冊読み放題と超お得なサービスなので、

月7冊まで行かなくても、月1冊本(マンガの場合は3冊)を買うなら

kindle unlimitedの方がお得です。

 

節約はどこからやればいい?【まとめ】

「努力は報われるのか?」みたいな話がありますが、

それは節約にも当てはまります。

 

報われない努力とは、頑張っているわりに効果が薄く、

疲れてしまう節約法。

 

節約においての報われる努力とは、

☑家賃・通信費・保険料など毎月決まってかかる

大きな金額の固定費から見直すのが、報われる節約法

☑仕組みを整えてしまえば、その後頑張らなくても自動的に

毎月の支出を抑える節約法

というのが答えです。

 

その具体的な節約法を節約効果が高い、かつ優先順位の高い順

に並べたのが、これまでお話した通りです。

 

下記にまとめておきますね。

1.家賃

2.保険料

3.サブスク

4.スマホ代

5.毎朝の通勤時のコーヒー代

6.食事代

7.電気代

8.本代

 

「固定費は一度見直せば年間で大きく削減できます。」

とは言いましたが、特にサブスクなんかは3ヶ月に1回とか、

定期的に見直した方がいいですね。

 

興味は移り変わりますからね。

放っておくと、しばらく使ったけど今は使っていないサービス

が、数か月間放置されていたりしますからね。

 

この記事が、あなたの節約の役に立てば嬉しいです。